車は下取りでは高く売れない理由と対策

車の下取りが安い理由

自動車の下取りは、新車を購入する際に手軽に行えますから、多くの人に利用されています。しかし、どうして下取りに出したときは、安い下取り価格になってしまうのでしょうか?

 

ディーラーで新車を購入するときに下取りしてもらった車は、ディーラーを通して廃車手続きが行われるか、中古車として販売されるというルートに分かれます。

 

 

下取り価格とは、廃車にする場合を除いて、中古車として販売する予定の金額から、ディーラーの利益やもろもろの経費などを差し引いた金額なのです。たとえば、ディーラーで取り決めた下取りの定価があったとしても、顧客がそれを知ることはできません。ディーラーの利益や経費には決まった額はありませんから、「買い叩き」があってもまったくおかしくないのです。

 

ディーラーとしては、下取りした車で損失を出してはどうしようもありませんから、中古車として販売するにしても販売価格を予想して、その価格から利益を引いたものが下取り価格になるのです。
オークションに出す場合も落札予想価格を設定して、その価格から利益を引いたものとなります。さまざまなところで利益が引かれることになるのです。

 


 そのような仕組みを知ると、下取りに出すことは非常に不利なことであることがわかります。

 

手間がないことは便利なのですが、ディーラーの言い値で取引されていることがわかるでしょう。そのことに納得したうえで、下取りに出さなければなりません。

車の適正価格を知って高値で売るには

新しい車に買い替えを考えているという人は、今まで乗っていた車をどうしようかと思っているかもしれません。
新車を購入する人なら、新車の販売店で下取りを勧められることも多いです。

 

初めて車の買い替えをする人や、頻繁に車を買い替えることのない人なら、不要になる車の処分は頭が痛いですよね。どうしたらよいのかわからない、という人もいるようです。

 

そんな人は、ディーラーなど販売店のセールスマンのトークに乗せられて、安い下取り価格で出してしまうことも多いのです。
買い替えの経験がある人にこそ知ってほしいのが、今乗っている車の適正価格です。

 

下取りは面倒な手続きが必要ありませんから便利なのですが、何も調べずにやってもらうと、相場よりも安い値段で下取りされることが多いですから注意が必要です。

 

自分の車の適正価格を知るには、中古車の買取査定を受けることです。今では、中古車査定をネット上のサイトですることができますので、一度に複数の業者から査定価格をもらうことができます。
買取査定を受けることは、実際に査定を受けるように車を持っていくことも必要ありませんから、手間がかかることもありません。簡単にできますから、一度やってみることをおすすめします。

 

また、高い査定金額を出してもらうために、注意して欲しいのが以下の3点

 

 

そして、下取りよりも10万円以上の高い金額が出ると評判の査定サイトを使いましょう♪

ズバット車買取比較

一括査定サイトとしては、老舗の会社です。
そのため、特色のある業者や地元密着の業者も参加しており他サイトでは出ないような高額が出てくる事も多々あります。

 

公式サイトはこちらから

かんたん車査定ガイド

一括査定サイトでは高額査定が出るとして有名なサイトです。
下取りとの比較では40万円以上の差も掲載されています。
また、入力が楽な事と、概算であれば入力後すぐに表示されますので、相場を知りたい方にも気軽にお申込できます。

 

公式サイトはこちらからご確認ください。

カーセンサー

リクルート運営で雑誌でもおなじみのカーセンサーです。
特徴として、メールでのやり取りも出来るため、女性や忙しい方でも安心して利用できます。

 

公式サイトはこちらからどうぞ

下取りのメリットとデメリット

初めて自動車の買い替えを考えている人に、自動車の下取りとはどういうものかを説明しましょう。

 

自動車の下取りとは、ディーラーで新車を購入するときに、今乗っている車を下取りしてもらって、その金額を新車の購入価格から差し引いてもらうサービスのことです。

 

新車の購入を考えている買い替えをする人には、下取りはメリットがあります。それは、手間がかからないことです。ディーラーが行っている下取りだと、新車の購入も現在の車の処理もすべてしてもらえるわけですから、忙しくて時間がないような人にはおすすめの方法です。

 

また、これからも購入するときは新車という人なら、ディーラーと仲良くしておくことはメリットがありますから、新車しか買わないというような人にも下取りはおすすめです。

 

下取りのデメリットは、買取業者と比較すると査定金額が安いことです。どれくらい安いかは気になるところですが、20万~30万円程度安いといわれています。新車を買いたいけど、支払いが大変、と思っている人なら、この差は大きいでしょう。

 

ただし、事故車は下取りは難しく、話をしても断られることが多いでしょう。

 

では買取なら大丈夫かというと、事故車は買い取ってもらえることもありますが、修復歴があったり改造していたりすると、買取も対象ならずに値段がつかないこともあります。


下取りと車の購入手続き

車の下取りをする時は、実印を押印した委任状、譲渡証明書、印鑑証明書が必要になります。
下取りに出す場合、名義変更が必ず必要で、そのために、これらの書類が必要になってきます。
下取りの際には、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書も必要です。

 

これらの必要書類を揃え、下取り契約書に押印して、初めて車の売却手続きが完了します。

そして新車購入のための手続きとして、車庫証明書、印鑑証明書、委任状、実印が必要になります。

 

下取りに出す車も新たに購入する車も、印鑑証明書以外の必要な書類は業者から提出されますが、その書類に住所と名前を記入して、印鑑を押さなければなりません。

下取りに出す車と購入する車に必要になる委任状と譲渡証明書には実印を押す必要があり、印鑑証明書は下取りに出す車の名義変更と購入する車の登録に必要な書類です。

 

名義変更を済ませると、車検証と登録事項等通知書が発行され、抹消登録すると抹消登録証明書や登録事項通知書が発行されることになります。

 

車の名義変更をした場合、自賠責証明書と名義変更した際に記入した車検証を持参して、加入している自賠責の損害保険会社に出向かなければなりません。

契約前の注意

自動車の購入時、または下取りや売却は、いつも以上に慎重に行動したいものです。
大金と個人情報が行きかうだけに、トラブルが起こりやすいうえ、一度契約をすませてしまえば
「こんなはずじゃなかった!」「話が違う!」
と言っても聞き入れてもらえないのが当たり前だからです。

 

そんな「どうしよう!」「しまった!」を防ぐためにも、契約前には以下の点に注意しましょう。

 

基本は、契約書です。

 

自分と相手とで話したこと、約束したことが、すべてきちんと契約書の中に記載されているかどうか、最後まで入念にチェックしてください。
親しい人だから、良くしてくれる営業マンだからといって、個人的な口約束をうのみにしていると、あとで痛い目にあってしまいます。
どんな間柄でも、ささいなことでも、必ず書類に記載してもらって双方の承認と印を得るようにすることが、トラブルを避けるコツとなります。

またわからないことをわからないままにしておくことも避けましょう。

説明を聞いて、あるいは書類を読んでなんとなくわかった気になったというだけでは、心もとないと考えてください。

 

どんな小さなことでもよくわからない点については質問をしておきましょう。
このとき、質問に快く答えてくれない業者とは手を切ったほうが無難です。

 

そのような業者は後々何かあっても非協力的なことがほとんどですし、第一怪しいです。

車下取りで失敗しない査定の知識

車の下取りを行う際に予備知識として査定はどのような点が評価されるか知っておくと良いですね。
ここでは、簡単ですが大事な5点を「はい」と「いいえ」で答えられるようにしています。
是非、満点を取れるようにやってみてください。

*必須 全項目入力必須となっています
*車の査定価格は概ね走行距離と年式で決まる?
*一般的に、ボディーカラーは赤よりも白の方が高く売れる?
*車検の残り月数は4か月以上ある方が望ましい?
*タイヤの残り溝は1.6mm以下では価値は下がる?
*車の走行距離は年間2万km程度が最適である